*

2014年5月

伸びてきたヒゲは意外と不快なんです

昔の彼氏の話なんですが、どちらかというと人相が悪い人で、髪をセットしてスーツでも着ていれば問題ないんですが、夜になってヒゲが伸びてくるとかなり悪人顔になってしまうのです。ある時、彼が私のうちに泊まったのですが、翌朝、眠っている彼を見るとうっすらとヒゲが生えてきていたんです。男性が朝ヒゲを剃ることはわかっているつもりでしたが、彼のうっすらと生えた無精ヒゲを見ているうちになんだか嫌になってしまいました。無茶なことを言っているかもしれませんが、もう少し私に気を遣って欲しかったです。 熊谷 脱毛

照明が壊された

荷物を運んでいる途中に、スタッフが荷物を落としてしまって、照明のかさの部分が割れてしまって、新しいものにしてもらったことがあります。壊れてしまったのは仕方ないし、古い照明が新品になったのでちょっとラッキーとも思いましたが、照明が壊れてもスタッフがすぐ対応するのでなく営業の方が対応するので、新しい照明について電話連絡か何度かあったり、新しい照明を届けてくれるまでに1週間くらいかかったりと、引越しが終わったからあとはのんびり荷物を開けて作業だという感じならなかったのは、かなり面倒に感じました。1週間照明がない間は夜は本当に真っ暗でとても不便でした。 引越し豊橋

一回の後悔は、一生の後悔

高校の時代に部活で先輩方の最後の大会という事もあり、気合いを入れで皆で坊主にすることになりました。その当時に、一つ下のとても綺麗な彼女が居まして付き合ってからまだ一ヶ月しかたってませんでした。その彼女に坊主になる事は、どうかと聞きました。彼女は、戸惑いまして坊主は嫌だと言いました。同じ年の仲間も彼女持ちが居まして、やはり嫌だと言われていました。だから、先輩達に逆らってやらないと決めました。しかし、先輩達が、日に日に坊主になっていくのを見て、やらざるおえなくなり、部室の中で皆バリカンで坊主にしました。そして、坊主になったその日に彼女に打ち明ける事できず、翌日の夕方くらいに学校内で会いました。会った瞬間、言葉を失うくらい驚愕され、逃げられました。そして、夜にメールが一件きてまして、その内容は、坊主になった理由は、分かりますが嫌なので別れましょうということでした。髪の損失ほど苦しいことはありません。自分に似合った髪を維持する事が大切だと思いました。 http://xn--nckg3oobb2178dhwmu3efxjtv1dxhzb.com/shimane_ken_senaka_ranking.html

パンストから見えるすね毛は引いてしまう

パンストから見えるすね毛に驚いたことがあります。先日電車に乗っていると向かい側に座った女性の足を見て驚きました。ベージュのパンストをはいていて少し遠目から見てもわかるほどすね毛が生えていました。すね毛があってもパンストの色でわからないようだったらいいのですが、どんなに素敵な服装でも足元に気を使わないと興ざめしてしまいます。女性は気にしていないかもしれませんが、発見したほうは驚いてしまいます。女性に声かけをしようとも考えましたが、感じ方は人それぞれ。おせっかいをしないでグッと我慢して電車を降りました。 八王子 脱毛

美意識って女性化していませんか

男性で腕や足のムダ毛を処理する人がいますが、とても疑問に思っています。 女性ならば一般的ですが、男性に必要でしょうか。 もちろん毛が多すぎるのは困りますが、ツルツルすぎる肌も男性なのに少し気持ち悪いと思ってしまいます。 最近ではメンズエステでも脱毛コースが設けられていることが多いですが、美意識が性別関係なくすべて女性化しつつあるように感じられて、違和感を覚えます。 男性は男性、女性は女性らしい体やファッションがあるように、ムダ毛も男女差があってしかるべきだと思います。 NOマネーでも石川県で顔脱毛したい!

元々細かったのに

元々テニスもしていて細かったのに、高校に入りバイトが出来る年齢になった途端外食やお菓子を買っては食べてしまい、気付けば50kgジャストだった体重が60kgを超えていました。でも着やせするタイプだから大丈夫と自分に暗示をかけていたのですが、当時お付き合いしてた方が脚フェチと知り、隠すように着ていた服装をやめて脚を出す服装に変えました。すると見ないふりをして来た体型が丸分かりになって痩せたいと思いました。細い子の隣に並ぶのが嫌で、正座をした時に圧迫されて横に広がる肉が嫌で、ショートパンツが食い込む肉が嫌で、脚を痩せたいと思うようになりました。まだ現在もダイエット中ですが半分まで落とし今は55kg前後をキープしています。 脚やせエステ

元々細かったのに

元々テニスもしていて細かったのに、高校に入りバイトが出来る年齢になった途端外食やお菓子を買っては食べてしまい、気付けば50kgジャストだった体重が60kgを超えていました。でも着やせするタイプだから大丈夫と自分に暗示をかけていたのですが、当時お付き合いしてた方が脚フェチと知り、隠すように着ていた服装をやめて脚を出す服装に変えました。すると見ないふりをして来た体型が丸分かりになって痩せたいと思いました。細い子の隣に並ぶのが嫌で、正座をした時に圧迫されて横に広がる肉が嫌で、ショートパンツが食い込む肉が嫌で、脚を痩せたいと思うようになりました。まだ現在もダイエット中ですが半分まで落とし今は55kg前後をキープしています。 脚やせエステ